診断士の活動報告

片岡徹也さん 食のお悩みを解決、本物を選ぼう食品添加物講座を開講

食のお悩みを解決、本物を選ぼう食品添加物講座

  

講座概要
近年、流通の拡大に伴って食べ物の悩みが増えています。個人の繋がりが弱くなりスーパーやコンビニで日々の食品を購入する方がほとんどです。棚に並んでいる「食品の裏側」について理解することは、ご自身と家族の健康を守るために必要な知識です。
きれいなパッケージだけをみて選ぶのではなく、成分表示を読んで理解してご自身やご家族に必要な食品を選べる。本当に美味しい物、体に良い物を選べるようになることを目的に講座を開催します。講座の中で原材料を比較して味見をしたり、炭酸ジュースやラーメンスープなど、化学物質を使って作る実験も行います。

目で見て味見して、体験できるので人気です。

カリキュラム
1. 身近な食品添加物と使用目的
2. 裏側ラベルを読む、添加物と食品表示
3. 何を選べば良いの?身近な調味料のウソ・ホント
4. 食品添加物と生活習慣病
5. 子どもの健康における食べ物の役割
6. 食のグローバル化と遺伝子組み換え作物

講師略歴
講師:片岡徹也
資格:看護師、保健師、加工食品診断士、島田流統合整体術会員
DELE中級(スペイン教育文化スポーツ省スペイン語能力検定)
CELPEbras中級(ブラジル教育省認定ポルトガル語能力検定)

・2003年:岡山大学医学部保健学研究科卒業、看護師保健師免許取得
・ 2003年~2007年:岡山大学医学部付属病院小児科にて看護師
・2007年~2009年:JICA青年海外協力隊看護師として中米グアテマラ共和国に派 遣、母子を対象に2年間保健活動を行う。
・2009年~2011年:同大学病院にて小児科、整形外科勤務、退職
・2011年~2012年:高齢者医療施設、訪問入浴サービスに勤務
・2012年:個人事業で独立
・2018年:加工食品診断士の資格を取得
・2018年:岡山大学大学院保健学研究科地域看護学コミュニティヘルス分野卒業

 

講座の様子
 左上・右上:NPO備前プレーパークにて実験して分かるいのちの仕組み講座
左下・右下:自主開催した食品添加物講座