診断士の活動報告

辻井よしみさん 加工食品診断士として2018年4月からセミナーを開催

~加工食品診断士を生かした活動内容~

加工食品診断士として2018年4月からセミナーを開催

「忙しすぎて外食中食が多い方へ向けての少しでも安心安全な食品の見極め方」「食の安心安全は自分で守る その為に必要な10の話」「甘い味について考えよう!甘味の種類・カラダと脳ヘの影響・遺伝子組み換え食品について」「だし講座、各素材からとれた出汁とだしパックの中身・顆粒等の違いを五感で旨味を理解する」の等の項目で開催中。

~加工食品診断士としての今後の目標~

私は、『食への不安や関心はあっても忙しい』『日本ほど清潔で安全な食べ物を食べている国は無いと自負している』『食品表示や食品添加物の事を全く気にしていない』『気にはしているが食べる物が無くなるから聞きたくない』という方々に理解してもらう為の活動を続けています。日本では、現在食に対して真の理解をされている方が、5%、そして、

その周りの10%位の方々が食についての各分野での活動をしていると言われています。

しかし、上層部だけでは絶対数が足りず、伝統製法の食材や食品を選ばなければ、その伝統は消滅することになります。真の食の安心安全を理解すれば、食材・加工食品を選ぶ目が変わります。加工食品診断士が増えることで全国にネットワークが広がります。SNS等を活用し、情報を発信することで、今後の大きな展開へと結びつけていきたいです。

食は人間が生きていく上での一番大切なことです。

昭和の時代に『日本の食』が変わり、それに伴い多くの安くて簡単便利な商品が開発されました。そして、平成の時代には、その結果として『心身ともに健康』という人が減ってしまいました。世界中でドラッグストアーの数が多い国、先進国の中でも、若い世代の自殺が多い国、それが日本です。もう直ぐ元号が変わります。これまでの、様々な意味での食品全体の負の遺産を変えていく事に努力し、自分が食べる物の選択肢の重要性を一人一人が理解することに貢献していきたいと思います。

辻井よしみさんプロフィール

  • オプティマルキッチン欒(おうち)
  • 代表 調理師 
  • 加工食品診断士養成講座1期生
  • 所有資格
  • 加工食品診断士(一社・加工食品診断士協会) 
  • だしソムリエstyle 認定講師(一社・だしソムリエstyle)
  • 日本昆布大使(一社・日本昆布協会)
  • オプティマルクッキングマスター
  • (一社・日本オーガニックレストラン協会)
  • 食学アドバイザー1DAY資格取得講座 講師
  • (一社・国際食学協会)
  • KUSHIマクロビオティック